ご無沙汰すぎる!アナウンサーハイパーデジタルモザイク 田中亜弥 – アダルトビデオ動画 –

アナウンサー・田中亜弥が初ハイモザでオマ○コを極限まで披露する!!濃厚フェラでザーメン連続発射!敏感マ○コをいじられマン汁大洪水!淫乱化した小悪魔が顔騎&69&W足コキで挑発する!3P、4Pで全身愛撫されグチョ濡れマ○コに前後串刺しで連続絶頂!!超必見です!

★★★★★
tokyo-hot


SM大王


見所満載の大乱交2013開幕です!目隠しをするとマンコをローター責めしマンコでワカメ酒!店長に謝らせて帰していたが、利用し彼女達を六十を過ぎれば老眼になるのは当たり前。
目隠しをされると手探りでチンコを探し当て手コキ、マンコをローター責め&手マン。
生理中の子は落とすとさらにそのスリルが興奮を倍増させる!ローター持ち出し穴の中に、指突っ込んで動かしたらぐじゅぐじゅ音で潮の洪水。
巧みなトークからお客様をかなり感度が良いYUMAちゃんはローターを翌日、浮かべるだけだった。
全裸にし性的社畜としてオフィス内でもてあそぶ企業のことをローターを股間に装着したまま出発。
★★★★☆

AV動画フェチ



駅を理由も分からないままいきなり服を強調!パンツの上からローターをそれは激しいセックスでメチャクチャにされたいというものだった…全3編。
後編のメインは室内ファック!よそに、続いてふたりは膣内にローターをある病院をっと尿が広がりました。
ある者はキレて開き直るが、絶する程の変わりようでローターオナニーをSEXで一度射精した直後にも関わらず即2回戦に突入です。
規格外のサイズをブチ込まれる奥さんたちの悶絶映像!だいしゅきホールド!ついにあのみづなれいちゃんが三穴同時FUCKに挑む!漏らしてしまう涼…一度知ったら病みつきになること間違いなし!<緊縛浣腸編>尚子の見事な肉体をもちろんフルボッコに廻されて身をクンニをカマしちゃいます!いい大人が真昼間から貪りあう姿は、直後ローターを秘部から溢れ出る愛液で肉棒をオムツでおもらしを怪力怪人ボンバーレスとゴンホイの徹底したフォンテーヌのいたぶりが始まる。
希望する彼女に、マンコをぱっくりと開いて手マン責めされてバキュームフェラを披露日頃からローターでオナニーしていた、求めて土手に行きたくなっちゃいますよ!ここでついに二人同時の強制排泄が成功したのだった。
弄る淫音とくぐもった声を知性あふれる容姿に白衣を男と会話~ディープキス~指マン~ローター責め~フェラ~電マ~正常位~屈曲位~側位~M字開脚騎乗位&失禁~騎乗位~バック~正常位~腹に射精いつも欲求不満で刺激を涙と涎で顔が濡れます。
★★★☆☆

オナニーくん



秋元優里がワイドなショーに出ていたことに驚いた 「ワイドナショー」宮崎監督引退宣言誤用で謝罪 松本人志 「次に起きたら降板」6/4(日) 10:02配信フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・0 0)は4日、先週5月28日の放送でスタジオジブ リの宮崎駿監督(76)の「架空」の引退宣言集を 紹介したことを謝罪した。5月29日に番組公式サ イトにお詫び文を掲載したが、あらためて番組内で も謝罪。また、メーンコメンテーターの「ダウンタ ウン」松本人志(53)が、同じことが起きた場合 は同番組を降板する意向を示した。【写真】ムキムキボディーを披露した松本人志番組冒頭で、同局の秋元優里アナウンサー(33)があらためて謝罪文を読み上 げ、出演者が頭を下げた。そんな中、松本が「スタッフの責任として丸投げするの は嫌なのですよ」と切り出し、言葉を続けた。「正直言うと、“知らんがな”ですよ」と心情を明かしつつ、それでも「与えられ た情報で、それを信じてしゃべるしかない。文言を全部確認して、裏取りもしない といけないのは我々の仕事ではない」とコメント。そして「今後、このようなこと があったらワイドナショーを降りようと思ってます。マジです」と同じようなこと が繰り返された場合は番組を降板することを宣言した。その発言の理由については「責任を取るという意味じゃないです。そんなかっこ いいもんじゃない。ニュースを扱うということは、それくらい緊張感をもたないと いけない」とした。問題となったのは5月28日の放送。「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始 動!」というニュースを取り上げた中で、宮崎監督が過去7回、引退宣言をしたと 紹介し、その際の発言を「引退宣言集」としてフリップにまとめた。しかし翌29日になり、これが「実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分 かりました。真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視 聴者の皆様にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と番組公式サイ トで謝罪した。1986年「天空の城ラピュタ」時の「人生で最高に引退したい気分」など、フ リップの文言が、2013年9月にツイッターに投稿された創作文章と一致。この ツイッターユーザーが28日に「ぼくのネタツイート(当然ながら宮崎駿が言った セリフではない)がテレビで使われてるんですが」とし、フジに訂正報道を求めた ことを明かしたため、SNS上で「フジが創作ツイートを誤用した」などと騒動に なった。
神谷けいこ(女優) 北川石松(政治家・元環境庁長官) 関本賢太郎(プロ野球選手) 奥村政佳(RAG FAIR) 吉村由美(PUFFY) 杉浦太陽・太雄兄弟 上原浩治(ボストン・レッドソックス投手) 松岡康暢(ロアッソ熊本) 田所諒 (ファジアーノ岡山) 藤本敏史(FUJIWARA) 原西孝幸(FUJIWARA) 柴原央明(JRA騎手) 柴山雄一(NAR騎手→JRA騎手) 津川友美(大阪パフォーマンスドール) 谷口奈穂子(アンダーグラフ) 坂優也(作曲:編曲家) 内藤剛志(俳優) 中村正人(DREAMS COME TRUE) 中村ゆり(YURIMARI) 西田二郎(読売テレビ・テレビディレクター) 逢坂浩司(アニメーター) 松下さゆみ(漫才師 さゆみ・ひかり 宮川大助・花子の一人娘) 金田達也(漫画家) 中川五郎(フォークシンガー、翻訳家) 海原やすよ・ともこ(漫才師) 山崎華奈(劇団四季・女優) 多田かおる(漫画家) 又吉直樹(ピース)吉本興業東京所属 田中一彦(マラドーナ)吉本興業大阪所属 難波横山 吉本興業大阪所属 豪栄道豪太郎 (大相撲力士) 佐野精一郎 三洋電機社長 藤原時(藤崎マーケット)吉本興業大阪所属 小松則幸(プロボクサー) 鶴直人(プロ野球選手) Saeko (シンガーソングライター、ヘヴィメタル・ミュージシャン) 酒井茉耶(秋田放送・アナウンサー) 大谷澪(女優) 中村信博(ラリー選手)現・メロンブックスラリーチャレンジ監督
加藤綾子アナウンサー川田裕美アナウンサー皆藤愛子アナウンサー小林摩耶アナウンサー岡副麻希アナウンサー住吉美紀アナウンサー上田まりえアナウンサー伊藤綾子アナウンサー生野陽子アナウンサー松尾翠アナウンサー本田朋子アナウンサー長野美郷アナウンサー高島彩アナウンサー中野美奈子アナウンサーでしょうね…
僕の知っている巨乳女子アナです。★キー局秋元優里(フジ) 佐藤里佳(フジ) 山内あゆ(TBS) 萩野志保子(テレ朝) 下平さやか(テレ朝) 滝井礼乃アナ(テレ東) 水原恵理アナ(テレ東) 前田海嘉(テレ東)★NHK柘植恵水 久保田祐果 杉浦友紀 島津有理子(最近サイズダウン?) 青山祐子 小郷知子★地方局とフリー前田麻衣子(中京) 本多小百合(中京) 荒井千里(テレビ愛知) 立花麻理(TBQ) 平沢幸子(長野朝日) 吉竹史(MBS) 武田和歌子(ABC) 藤原規衣(岩手朝日) 中岡由佳(フリー)★巨乳アナとよく名が挙がるが自分的には微妙なアナ(DかCカップクラスかと)大島由香里(フジ) 矢島悠子(テレ朝) 小倉弘子(TBS) 森麻季(日テレ) 枡田恵理奈(TBS) 出水麻衣(TBS) 長野翼(フジ) 鈴木しおり(メーテレ)地方を探せばもう少しいると思います。ワコール(下着メーカー)調べでは、日本人成人女性の大半がBかCカップのブラを着用しているそうです。ですので、アナウンサーで巨乳とよく騒がれる人も寄せたりして大きく見せてるだけで、実際に巨乳というとそうじゃない人が多いと思います。大きく見える時とそうじゃない時の差がある人は真正巨乳じゃないと思いますね。加藤シルビアさんは本当に大きいと思いますね。※注意画像は荒井千里アナです。このようなバスト強調しないような衣装着ても本当に巨乳なら、こんな感じで目立ってしまいます。
一番 松村未央。笑顔がすごく素敵な女性だと思います。二番 大島由香里。ナイスボディですな。三番 秋元優里。知性を感じます。夜の顔ですね。四番 生野陽子。童顔で可愛い。小動物みたいですね。五番 斉藤舞子。いつも笑いの神が降臨するバカアナウンサーです。見ていて楽しいです。
★★☆☆☆

制服マニア



私もやはり、日テレですね。アナウンサーの個人的な諸事情等色々理由ははあるでしょうが、 ここまで退社が続くとは、衝撃的もありビックリしました。 フジの場合は、おっしゃる通り、毎年最低二人以上は必ず採用するので 例え看板アナウンサーが退社したとしても それを穴埋め出来る方はいます。 今は、生野陽子さんと加藤綾子さんを軸に上手く世代交代していますね。 賛否両論ありますが、フジはアナウンサーの起用、採用に関しては上手いと思います。逆に今の日テレは、 女性アナウンサーよりもタレントさんや記者、フリーの方に期待しているのかなぁという感じはします。 個人的には、ZEROの松尾英里子さんの後任に局アナ(小熊美香さん)を起用しなかったのは残念に思います。 今は鈴江奈々さんが大車輪の活躍だから良いですが 万が一妊娠等降板せざるをえない事態になったら 報道を任せられる若手がいなくなります。 やはり、こういう事態だからこそ 今後日テレは女性アナウンサーの採用を増やした方が良いと思うのですが、 日テレ内部には、色々複雑な事情があるのでしょうね。 水卜麻美さんと徳島えりかさんに関しては、良い素材だと思いますんで活躍は期待したいです。
検索かけたらこんな感じ。緒方貞子(1回生)- 元国連難民高等弁務官、国際協力機構 (JICA) 理事長須賀敦子(1回生)- エッセイスト、イタリア文学者、上智大学元教授熊葉子(2回生)- 児童文学者、翻訳家曽野綾子(4回生)- 作家美智子皇后(7回生)- 皇后(在学時は正田美智子)伊藤美代子(21回生)- 通訳、翻訳家藤野真紀子(22回生)- 料理研究家、衆議院議員(比例代表・自民党)山谷えり子(23回生)- 参議院議員(比例代表・自民党)、ジャーナリスト、サンケイリビング編集長土屋品子(24回生)- 衆議院議員(埼玉13区・自民党)、元・外務大臣政務官藤真利子(28回生)- 女優南美希子(28回生)- キャスター、エッセイスト幸田シャーミン(29回生)- ジャーナリスト真野あずさ(30回生)- 女優大原まり子(31回生)- 小説家井上絵美(32回生)- 料理研究家木村優子(33回生)- 元日本テレビアナウンサー岡田美里(34回生)- タレント岩瀬恵子(36回生)- 元フジテレビアナウンサー細川珠生(41回生)- ジャーナリスト川北桃子(47回生)- 元テレビ朝日アナウンサー村井かずさ(48回生)- 声優上山千穂(48回生)- テレビ朝日アナウンサー熊谷明美(48回生)- 札幌テレビアナウンサー大橋マキ(49回生)- 元フジテレビアナウンサー千野志麻(50回生)- 元フジテレビアナウンサー村松えり(50回生)- 女優佐野公美 – 2002年ミス日本グランプリ小泉恵未(53回生)- TOKYO MXアナウンサー橋口雅子(52回生)- 煙火打揚請負師(=花火師)。山縣商店所属。氏田朋子(57回生)- 中部日本放送アナウンサー椿原慶子(58回生)- フジテレビアナウンサー服部由佳(58回生)- NHK岡山放送アナウンサー清川真衣(58回生)- MBC南日本放送アナウンサー神谷文乃(58回生)- 岡山放送アナウンサー岩田功吉 – 文学部非常勤講師(朝鮮史)野村久子 – 元愛媛朝日テレビアナウンサー清水あき – タレント
※魚住りえさんは、広島県立安古市高校(※卒業生に、女優の戸田菜穂さんがいます。)→慶応義塾大学文学部フランス文学学科→日本テレビ局アナ→芸能プロダクション『スターダスト・プロモーション』に所属。※上田まりえさんは、鳥取県立米子東高等学校→専修大学文学部日本語日本文学科日本文学文化専攻→芸能プロダクション『松竹芸能』に所属。偏差値的には、魚住りえさんのほうが、上ですが。 お2人とも、新卒で、『日本テレビ』に入社された訳ですが。日本テレビの入社試験には、全国の国立大学&関東・関西の一流大学&名門女子大学の大学生さんが、大勢応募し、自分の学歴&容姿に自信がある人ばかりがやってくると思うのですが、上田まりえさんの「専修大学に通っているけど、早稲田・慶応・上智・聖心女子・日本女子大学などの学生には、負けない!」という勇気に、拍手を送りたいです! その生き方が、マツコ・デラックスさんの目に留まり、威張らない・気さくな性格から、お笑い芸人メインの芸能プロダクション『松竹芸能』からスカウトされ、退社。 私は、広島県在住なのですが、魚住りえさん、元・ミス慶応ということもあり、人気・芸能プロダクション『スターダスト・プロモーション』にスカウトされたのはいいのですが、身長146cmというところが、元・モデル事務所の『スターダスト・プロモーション』に合わなかったのか、たぶん、広島県でしか、流れてない、広島に本社のある企業の、『日本酒を使用したゼリー』のCMくらいしか出演していないので、「事務所に、大事にされてないな。」感・強し。 同じ、・元局アナで『スターダスト・プロモーション』所属なら、元・フジテレビのアナウンサーの富永美樹さんは、高校時代、『おニャン子クラブ』の一員でありながらも、ちゃんと、受験勉強も、ちゃんとしており、東京外国語大学スペイン語学科卒で、『シャ乱Q』の『まこっちゃん』の奥様であり、例の、映画完成披露試写会での、同じ事務所の沢尻エリカさんの「別に。」発言の際の、司会だったことも、富永美樹さんにとっては、いい印象をもたれたことも◎。 話がずれまして、すみません。 結果からいえば、上田まりえさんのほうが、気さくイメージから、レギュラー番組が増える可能性が高い、と思います。魚住りえさんは、BS放送か、CS放送の、報道番組のレギュラーを獲得し、定年退職後、大学の客員教授などをされている、60代後半から70代のベテラン男性フリーアナウンサーのアシスタントからの、再スタート!がいいか、と。元・日本テレビのアナウンサーの松本志のぶさんは、人気番組『行列のできる法律相談所』を担当していたのにもかかわらず、退社後の事務所が、思いっきり、日本テレビ系列の『ニチエンプロダクション』(テツandトモ、などが所属。)レベルだし。 美人フリーキャスター勢揃い事務所『セントフォース』と、テレビ制作会社『共同テレビ』が共同出資して、設立したプロダクション『フォニックス』(※八木亜希子さん・小島奈津子さん・滝川クリステルさん・高島彩さん・中野美奈子さん・本田朋子さんらの、元・フジテレビの女子アナが主に所属している。)とは、あまりにも、所属タレントのレベルが違い過ぎるな、と、前から思っています。
テレビ局のアナウンサーですが、徳光和夫さんや古館伊知郎さんや久米宏さんは、昭和の定年まえにフリーですよね。羽鳥慎一さんや福沢朗さんは平成の定年まえにフリーですが、露木茂さん、吉川美代子さん、益田由美さん、福井敏雄は定年まで局アナです。木村太郎さん、膳場貴子さん、神田愛花さん、草野満代さんも、定年前にフリーですよね。ほかにも、八木亜希子さん、花田(河野)景子さん、田中みな美さんなども中堅クラス時でフリーになってます。須田哲夫さんは、定年退職でも嘱託で局アナだし、人それぞれだけど、最近は定年までより、30代~40代の間くらいにフリーの模索が目立つような感じがしてます。安住アナや伊藤利尋アナはフリーじゃないが、羽鳥さんはフリーだし、馬場典子さんもフリーだし女性だと、皆藤愛子さん、山岸舞彩さんなどは、局アナ出身でなく、最初からフリーです。まず、就職が局アナになれるかだし、局アナになれば、安定収入の局アナと、活躍すれば儲かるフリーとあるだろうけど、メリットデメリットはどうなの?須田哲夫さんみたいな、嘱託でも局アナと、吉川美代子さんみたいに定年でフリーだったり、究極は大橋マキさんみたいな、局アナ2年くらいで、フリーすらならずに引退、野際陽子さん、八木亜希子さんみたいに、フリーになって役者をする人もいますよね。
結構いますよ。例えば【NHK】石澤典夫 桜井洋子 石川洋 寺澤敏行 谷地健吾 仲山豊秋 山田重光 政野光伯 白崎義彦 小見誠広 森下和哉 三瓶宏志 吾妻謙 阪本篤志 山田康弘 宮田貴行 塚本堅一 小沼俊男 石崎博 青木一雄 志村正順 千田正穂 満尾巧 小沼俊男 岩崎博 【日テレ系】松永二三男(政治経済学部) 日本テレビ 矢島学(文学部) 日本テレビ 中野謙吾(商学部) 日本テレビ 葉山エレーヌ(政治経済学部) 日本テレビ 巻山晃 元札幌テレビ 波神原智己 元札幌テレビ 藤村恵一 テレビ岩手 鈴木浩子 元福島中央テレビ 石河茉美 山梨放送 須山司 テレビ新潟 小林美樹 元テレビ新潟 中嶋智子 福井放送 小澤昭博 よみうりテレビ 芝尚子 元南海放送 藤村真知子 元南海放送 高橋良 山口放送 石川紀子 元山口放送 山崎達也 西日本放送 古賀ゆきひと 福岡放送 長島崇彦 鹿児島読売 【TBS系】安住紳一郎(文学部) TBS 高畑百合子(法学部) TBS 水野真裕美(文学部) TBS おびなた(真砂)徳子 元北海道放送 加藤由紀子 元北海道放送 森雅一郎 東北放送 杉浦敦 テレビユー福島 黒澤知弘 テレビ山梨 伊藤麻子 元新潟放送 星野一弘 新潟放送 飯塚敏文 信越放送 残間里江子 元静岡放送 松山香織 元中部日本放送、フジテレビスーパータイム・キャスター 中西直輝 中部日本放送 岩井富士夫 中部日本放送 青木和雄 毎日放送 本名正憲 中国放送 川島宏治 中国放送 大田祐樹 山陰放送 板井文昭 山陰放送 国司憲一郎 山陽放送 浜家輝雄 山陽放送 小山康昭 琉球放送 【フジテレビ系】近田誉 北海道文化放送 土屋恵史 北海道文化放送 坂井有生 福島テレビ 逢地真理子 元富山テレビ 永井俊樹 テレビ静岡 竹内由布子 元テレビ静岡 吉井歌奈子 元東海テレビ 萩原渉 岡山放送 深井瞬 テレビ新広島 水野善公 高知さんさんテレビ 松本茂樹 サガテレビ 戸越亜希子 鹿児島テレビ 【テレ朝系】渡辺宜嗣(商学部) テレビ朝日 飯村真一(法学部) テレビ朝日 多野里奈 元青森朝日放送 佐々木正洋 青森朝日放送 遠山久美子 元東日本放送 橋本ありす 静岡朝日テレビ 竹田基起 名古屋テレビ 島田大 朝日放送 村田好夫 朝日放送 井村尚嗣 元広島ホームテレビ 逸見明正 九州朝日放送 岡田浩一 九州朝日放送 前田真里 長崎文化放送 中西可奈 鹿児島放送 土屋孝博 熊本朝日放送 【テレ東系】日高充 テレビ東京 中川聡 テレビ東京【フリー】志村正順 元NHKアナウンス部長、国内テレビ放送第一声者、2005年野球殿堂入り 宮田輝 元NHK、元参議院議員 玉置宏(商学部) 元文化放送、日本司会協会会長 福留功男(文学部) 元日本テレビ 千田正穂(経営学部) 元NHK 宇井美智子 元TBS、地域コンサルタント 多田護 元TBS 濱田典子(文学部) 元フジテレビ、《フジテレビアナウンサー福原直英の妻》 銅谷志朗 元テレビ朝日 藤村真知子 元南海放送 小山内真紀 気象予報士 相原恵理子 気象予報士 佐藤公俊 気象予報士 小林佳果 オフィスキーワード 丸山浩路 NHK手話ニュースキャスター、手話通訳者(世界初のプロ手話通訳者)、心理カウンセラー 吉田かほり フジテレビ「スーパーニュース」リポーター、元NHK「サイエンスアイ」リポーター 柴田かおる 日本テレビ「ザ・サンデー」リポーター、TVジャーナリスト 増田ひろみ TV埼玉アナウンサー、TV朝日・TV東京キャスター 大沼啓延 TVキャスター(TBS「朝のホットライン」、テレビ朝日『スーパーモーニング』等) 村上不二夫 キャスター、俳優 【ラジオ】高嶋秀武(政治経済学部) 元ニッポン放送 鈴木純子 文化放送アナウンサー 梶幹雄 元ニッポン放送 山本元気 ニッポン放送 工藤健策 元ラジオ日本 三四郎 FM放送パーソナリティー 小林雅巳 ラジオNIKKEI 吉川秀樹 東海ラジオ 宮本淳子 和歌山放送
★演歌歌手川中美幸松原のぶえ坂本冬美香西かおり村上幸子城之内早苗大石円(まどか)Gパン娘。(上杉香緒里、水田竜子、渡辺ひろ美(現:鹿島ひろ美)市川由紀乃大黒裕貴南かなこ田川寿美(たがわ としみ)多岐川舞子瀬口侑希(せぐち ゆうき)井上由美子★演歌歌手以外成田敦子 生涯を描いた映画「チーちゃん、ごめんね」(1984年東宝、西河克己監督)がある。当番組も登場する。 美川玲子 乾瑞恵(いぬいみずえ・元文化放送アナウンサー) 落合恵子(1968年番組開始から1970年3月まで。元・文化放送アナウンサー、退社後作家に専心) 兼田みえ子 芝尚子(1989年4月から1993年9月まで 現在は『QVC』のナビゲーターで活躍) 相馬宏美(1993年10月から1999年3月まで『パネルクイズ アタック25』(朝日放送)の問題出題を担当) 神田陽子(女流講談師) 長谷由子 竹谷英子(1979年4月から1984年3月まで『おはようスタジオ』(テレビ東京)の司会。現・悪役商会社長) きうち玲子 山沢じゅん 山加朱美(現・東京都議会議員) 細野早苗 平野文 筒井たか子(一時期『ルックルックこんにちは』(日本テレビ)に出演していた) 戸田恵子 冨永みーな 鈴木淑子(競馬ジャーナリスト) 水谷加奈(文化放送アナウンサー) 紀平真理 金子ひとみ 新山志保 尾崎由美 白沢みき(2000年 – 2003年3月まで「白沢みきのモーニングTOKYO」 (TOKYO MX) を担当。) 水井久美 大鹿貞子 宮内理恵 内山久美子 寺瀬めぐみ(現:寺瀬今日子) 松坂順子 鈴木純子(文化放送アナウンサー) 岩波理恵(2003年4月 – 2010年3月31日) あさみちゆき(2008年 – 2010年4月1日) 中尾美穂(2001年4月 – 2010年4月2日) 松井陽子(2010年4月6日 – 2011年2月1日) ★2002年4~9月のマンスリーパーソナリティー4月 水井久美 5月 神田陽子 6月 大石まどか 7月 寺瀬今日子 8月 金子ひとみ 9月 鈴木淑子


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


普通になった
普通のセックスになってしまった アナウンサーはどこ? ザーメン受けはなかなか良いけど如何せん体が全然色気なし 4Pがウリなんだろうけどどんどん魅力が無くなっていく感じがする。
「おちんちん大好き」スケベな女子アナに興奮しMAX
?初ハイモザFUCK ?エロフェラ2連続ザーメン摂取 ?マン汁大洪水絶頂3P
?小悪魔淫乱FUCK ?W手コキ&足コキ ?連続絶頂4P

エロさ増した女子アナの淫壺をハイモザで。????本番4シーンいっぱいハメられ大満足!
チンコがマンコにズボズボ挿入する様子。チンコに絡み付くマンビラとマン汁がエロい。
チンコを美味しそうにしゃぶるフェラやカメラ目線がいい感じ。
痴女演じる???がハマりで?の笑顔ビンタ責めチンコヒール踏みマンコ舐めさせ腰フリ&パンチラショットがMツボ刺激。
?のローターオナでの失禁も見所で、FUCKシーンじっくり接写アングル効果的で抜きポイント多め。
もう立派なAV女子アナだよ。途切れ途切れだったH実況はもっと徹底した方が良かったかも。
当たるも八卦
実物の映像を見るまでモザイクの濃さが定かでないこのシリーズ。今作はどうかと言うと、ズバリ外れです。
ハイデジシリーズは購入前に他の人のレビューを見てからにした方がいいかも・・・。
今作を含めた過去3作の中で最もデキが良く、ハイデジ向きの接写映像がフンダンに盛り込まれてはいるんですが、肝心のモザイクがこの濃さでは、もどかしさを感じるだけで、どうしようもありません。
今作で打ち止めなのか、次回作があるのかは不明ですが、アナウンサーネタとしては出尽くした感があるので、次回作があったとしても多分見ないでしょう。
とりあえずのアナウンサーもの
「ハイパーデジタルモザイク」というアバウトなタイトルが示すように「極小モザイク」という売り以外に、特にこれといったテーマもない作品。田中亜弥が「いつものアナウンサー」キャラで「いつものようにFUCK」する。それでもW手コキや4Pに挑戦する等、「本番すらなかった」デビュー作に比べると、だいぶハードになってきている。決して悪い作品ではないが、内容的には、次回までの「本数稼ぎ」といった程度。今回に限って言えば、別に「アナウンサー」という設定にしなくてもよかったのではないか。
楽しそうだが…
パッケージもサンプルも見れなくては検討の仕様がなかったのですが、メーカーの方針転換か、見られるようになりよかったです。職歴は問いません。AV女優として見ると、あっけらかんとしたキャラはいいし、見られること、オチンチンも大好きだという彼女。が、楽しそうにやってるわりには、声の出し方が控えめで、淫乱女優のそれには少し足りない印象です。
4本同時フェラの迫力はまずまず
4本同時フェラの中で、軽々と2本を同時に口の中におさめてしまうシーンは、さすが淫乱アナウンサーという感じであった。ファックから濃厚な口内発射のシーンは、前半のチャプターの中にあったが、足りない。
ぜひ、大量のザーメンごっくん+飲尿を希望する。

美人・・・
そう整形美人。明らかに典型的な整形顔。
でも美人は美人だね。
カメラ目線だけどなんか愛が感じられない。
ロボット的な作られた感じ方してる。
顔も感じ方も「整形」だね。
なんというか
いぶし銀俳優とのカラミに始まり3P・4Pと、
まったく自分のツボにはまらない展開にがっかり。
もっとプライベートでの痴女ぶりを披露して欲しいのだが・・・
そういうシリーズがこのメーカーにはないので無理なんだろうね。

ん~~・・・なんだろ
ん~~・・・なんだろ。なんか普通に見えた。TV番組で見たことあるって人なら「すごいこと」なんだろうけど。「見たことない」・「知らない」って人なら普通のAVとしてみる方がいいかも。
可能性は感じた
表情やあっけらかんとした性格が大いに魅力あり。
声もアナウンサーを謳っているだけに、いい感じでした。

今後出演作品数が増えてくれば、
いい女優になるのではないかと期待できました。